ヨーグルトが無性に食べたくなるとき!口の中が油っぽいとき

ヨーグルトを無料に食べたくなるときってあるね。

いや、毎日ヨーグルトを食べているんだけど。
「ヨーグルトがほしいな」
って思うときがある。

それはやっぱり甘いヨーグルトではなく。
甘くない無糖タイプのプレーンヨーグルトなんだ。

ヨーグルトはよく
「すっぱい」
なんて言われているけど。

そのすっぱさを好めるようになると。
食べたくなるときがでてくるね。

甘いものなら、ほかにもあるからね。
アイスとか。

油っぽいものを食べた後

ヨーグルトを特に求めるときっていうのは。
油っぽいものを食べた後だね。

特に唐揚げとか食べた後は
「ヨーグルトを食べたいな」
って感じになるね。

口の中がぬるぬるしているとき。

ひきしめたい感じがあるんだけど。
炭酸飲料とかだと、なんかいまいちなんだよね。

炭酸水とか甘くなくても、やっぱりどこかいまいちで。

そういうときに無糖タイプのプレーンヨーグルトは。
ちょうどいい酸味で口の中を引き締めてくれるかな。

それはなんとなく、体の中…。
いわゆる腸もよくしてくれるからだと思う。

たとえば、唐揚げなんかを食べると
「腸もぬるぬるになっているだろうな」
なんて思うけど。

そこにヨーグルトを食べて、乳酸菌を送ることで。
「ある程度、腸もよくなったのでは?」
なんて思えるからね。

食欲がないとき

食欲がないときなんかは、ヨーグルトだけっていうのがいい感じ。

ヨーグルトって置き換えダイエットに適しているかもしれないね。

ヨーグルトは別のボリュームがあるってわけではないから。
食欲がないときは、ちょうどいい気がする。

食欲がないとき、食べたいだけたべて。
満足したら残す。

プレーンヨーグルトは400gぐらいあるから。
本当に食欲がないときは、50gぐらい食べて残すときもあるし。

食べ始めたら
「うまいうまい」
と200gぐらい食べたりするときもあるかも。

食欲がないときは、食べてから好きなときにやめれるからいい感じだね。

ほっとしたいとき

毎日ヨーグルトを食べているからか、ヨーグルトを食べるとほっとするところがあるかも。

なので、外泊とかして、家に帰ってきて。
その日の夜とか、ヨーグルトを食べると
「帰ってきたな」
とか思ったりするかも。

外泊しているときもヨーグルトを食べたり、食べなかったりしているけど。
外泊しているときに無理にヨーグルトを食べたりはしないかな。

毎日ヨーグルトを食べているって言っているけど。
別にそれが絶対ってわけでもないので。

食べるチャンスがなかったら、普通に食べなかったりすると思う。

そういうと
「毎日ヨーグルト、食べていないじゃん!」
って人もいそうだけど。

毎日日記をつけている人だって。
外泊したときにまで、日記帳を持っていって、日記をつけるか?

例外っていうのはたまにあるわけで。
自分は毎日ヨーグルトを食べているけど、それは絶対ってわけではないので。

外泊したときはヨーグルトを食べないときもあるね。

別にだれかに評価してもらいたくて。
毎日ヨーグルトを食べているわけでもないので。

そういうのって別にどーでもいいと思う。
いちいち
「外泊したとき以外は、毎日ヨーグルトを食べている」
っていうほうがめんどくさいというか、どうかしているでしょ。

自分的感想

やっぱり無性にヨーグルトを食べたくなるときは
【油っぽいものを食べた後】
だと思う。

口の中がリフレッシュされる感じがいい感じ。

甘いヨーグルトでもいいんだけど。
甘いヨーグルトになると、さらに口の中がこってりするから。

やっぱり油っぽいものを食べた後は。
無糖タイプのプレーンヨーグルトが最適だと思うね。

ヨーグルトって、さっぱりしている。
酸味があって、それを嫌う人もいるかもしれないけど。

どんなものも場面場面でおいしく食べれたり。
イマイチだったりするものだと思うね。

たとえば、パンにはやっぱり牛乳があうし。
カレーには水がいいと思う。

これがパンに水で。
カレーに牛乳ってなると、いまいちな気がする。
実際どうなのか知らんけど。

ヨーグルトも普通に食べてもおいしいけど。
やっぱり場面によって、おいしく食べれる日もあるし。
そんなにヨーグルトを食べたいと思わないときもある。

ヨーグルトを食後に食べることが多いから。
食後に
「ちょっと腹に、余裕があるな」
ってときも、ヨーグルトがちょうどいい気がする。

ヨーグルトを毎日食べるっていうのは、大変に思う人もいるかもしれないが。

ヨーグルトを毎日食べるのに大変なことは
【ヨーグルトの確保】
であって、ヨーグルトを食べること自体は簡単だと思うよ。