ヨーグルトの食べ方飲み方!朝と昼と夜

ヨーグルトは最近は健康効果が注目されていて。

健康にいいヨーグルトの食べ方を知りたい人も多いです。

ヨーグルトってテレビでやっていましたけど
【朝に食べる人が多い】
んです。

その理由はよくわかりませんけど。
さっぱりしているから朝なのかな。

夜は甘い濃厚なデザートを食べたいってことなの?

よくわかりませんけど、ヨーグルトは朝に食べる人が多いみたいです。

ただヨーグルトの効果を期待するのなら

【夜がおすすめ】

なんてテレビでは言っていました。

そんなヨーグルトの食べ方について考えてみます。

なぜ夜に食べるべきなのか

なぜ夜にヨーグルトを食べたほうがいいのか?

それはテレビでは
【腸のゴールデンタイム】
に関係があると言っていました。

腸のゴールデンタイムっていう時点でちょっと怪しいんですけど。

どうも腸というのは、夜に活発に働くようで
【午後10時~午前2時】
これが腸のゴールデンタイムだと言っていました。

なので、この時間のちょっと前ぐらいにヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取しておけば。
腸のゴールデンタイムと乳酸菌の関係で、より腸内環境が整うとかなんとか…。

ただこれは自分的には結構謎です。

腸のゴールデンタイムがあるとしても、それがみんな同じなのか?
そもそも腸のゴールデンタイムというネーミングセンス自体、ちょっと悪い気がします。

ただ、やっぱりいつ食べてもいいよりは。
こうやって、少しでも可能性のある時間帯に食べたほうがいいような気がしないでもない。

眠らないといけない?

どうも腸のゴールデンタイムは、眠っているときに活発に働くらしく…。

午後10時から午前2時までの時間は眠っているほうが理想らしいです。

ただ子供なら午後10時には眠ることもできるかもしれませんが。
大人が毎晩、午後10に眠るというのは難しいと思います。

そもそも自分はいつも眠る時間は午前3時ぐらいになってやっと眠っている感じです。

なので、子供は腸のゴールデンタイムに合わせて眠ることが可能でも。
大人にとっては難しいかもしれません。

ただ、眠らないと腸のゴールデンタイムが意味がないのかはわからないです。

起きていても、いいのかもしれませんけど。
自分はどちらかというと夜にヨーグルトを食べるタイプですが。

夜にヨーグルトを食べているからと言って、大きな効果を実感したとかもないので。
やっぱり睡眠をとるというのは大事なことに感じます。

朝や昼は?

ヨーグルトを朝や昼に食べるのはいまいちなのか?

これはそういうことは特に言われていませんが。
テレビでは
「夜がおすすめ」
なんて言っていました。

ただ、これも、人によっておすすめする時間帯は変わってくると思うので。
単にテレビにでていた医者は
「私は夜に食べるのがいいと思っている」
っていう感じなだけだと思います。

医者の中にも
「朝や昼にヨーグルトを食べたほうがいい」
という人はいると思いますし。

そもそも夜というか、夕食は
「抜いたほうが腸内環境がよくなる」
という人も多そうです。

なので、夜にヨーグルトを食べたらいいというのも。
1つの考えにすぎなく。

いろいろ探していけば、朝や昼にヨーグルトを食べるメリットもあると思うんです。

朝食ヨーグルトがある

ヨーグルトの中には
【朝食ヨーグルト】
なんて名前がついているヨーグルトもあります。

なので朝にヨーグルトを食べるのが間違っているわけでもないかと。

そもそもヨーグルトなんていつ食べてもいいんですが。

あまりにも
「いつ食べればいいの?」
という人が多く。

そういう人を納得させるために
「夜に食べるといいですよ」
みたいな考えがあるだけだと思います。

なのでヨーグルトは食べる習慣をつければ。
食べたいときに食べればいいと思います。

ヨーグルトを食べなかったら、どうにもなりませんから。
無理なくヨーグルトを食べることが重要だと思います。

いつヨーグルトを食べればいいのかなんて、ほとんどのメーカーは
「好きなときにお召し上がりください」
な感じです。

でも人によっては
「いつ食べればいいの?」
な人が多いので
「いつでもいい」
という答えは、いまいち納得されないのかと。

実際時間を決めてヨーグルトを食べたほうが。

食べ忘れが少なくなります。

ヨーグルトや乳酸菌は、乳酸菌の質や食べる時間よりも
【断続してヨーグルトを食べ続けること】
が重要だと思っています。

まぁ1日か2日ぐらい、食べるのを忘れても、なにも問題ないと思いますが。

1日食べない日ができると、今後どんどん食べる気がなくなる可能性があるので。
ヨーグルトって続けることで、食べ続けることが楽になるものだと思います。

管理人的ヨーグルトの食べ方

管理人的にはヨーグルトは食後に食べることが多いです。

食後に食べるのは、生きて乳酸菌が腸まで届きやすいとも言われています。

でもそういうことを狙って食後にヨーグルトを食べているのではなく。

食後のデザートとしてヨーグルトを食べているところが大きいです。

食事で、口の中があまったるかったり。
口の中があぶらっぽいときは、さっぱりしたヨーグルトが気分よくさせてくれます。

ヨーグルトを健康効果目的で食べている人も。
ヨーグルトには味がありますから、おいしく食べたほうがいいと思うんです。

なので、ヨーグルトは無理せず続ける。
食べれそうもないのなら、食べないほうがいいような気がします。

ヨーグルトって無理して食べてまで、続ける必要もないような。

最近はヨーグルトや乳酸菌の健康効果が注目されていますけど。
乳酸菌って相性で効果があーだこーだ言われているので。

ヨーグルトを食べても、ダメなときはダメです。
いつ食べても、ダメなときはダメなわけですから。

それならおいしく食べたほうがいいですよね、

まとめ

少しでもヨーグルトの効果に期待したいのなら。

腸のゴールデンタイムの午後10時から午前2時。
この時間のちょっと前ぐらいに、ヨーグルトは食べておきたいところです。

ただ朝に食べようが、昼に食べようが、夜に食べようが。

その差って微々たるものでしかないと思います。
いや睡眠時間をたっぷりとれば、体調もよくなりやすいので。

午後10時から午前2時、この時間には眠っているのなら。
体調はかなり良いと思いますけど。

無理して、これを考える必要はないと思いますし。
晩御飯食べた後に、すぐに寝るっていうのもどうかと思うので。

結局ヨーグルトを食べる時間も自己責任というか。
メーカーは
「いつ食べてもいい」
と言っているわけで
【いつ食べても変わらない】
と考えたほうが正しいのかもしれませんね。