【ヨーグルトと納豆】よく食べる!どうなったのか感想

自分はヨーグルトと納豆をよく食べるんですよね。

ヨーグルトはほぼ毎日食べていて。

納豆は週に3,4回は食べています。

そんなヨーグルトや納豆をよく食べている自分的感想を書いてみます。

二つとも発酵食品で。
菌があーだこーだ言われています。

どちらとも、イメージが良いのがいいですね。
特に納豆は日本人にとっては、定番の食べ物ですし。

プラスな感覚は特にない

ヨーグルトや納豆をよく食べていると
「体調がいいんでしょ?」
なんてことを思う人もいるかもしれませんが。

基本あまり変わらないです。
なので、ヨーグルトや納豆を食べて
「快調だぜ!」
っていうことは少ないと思います。

たしかに食べ物って大事ですけど。
それが自分にとっては普通なんだと思います。

いや、うまく言えませんけど。
毎日のように納豆やヨーグルトを食べているので。

それが普通な感じになってしまって、良さを感じないのかも

ヨーグルトは別として。

納豆ってたまに食べると
「調子いいぞー!」
ってなる気がします。

でも頻繁に納豆を食べると、そんなに良さを感じないような。
慣れって怖い!

マイナスを感じない

むしろヨーグルトや納豆の良いところは。
マイナスの要素を感じないところです。

納豆やヨーグルトでマイナスを感じないというのは。

油っぽい食べ物や、甘すぎる食べ物だとマイナスを感じるということですね。

最近の食べ物は、栄養が豊富なんですが。
体調的には
「なんか、だるい」
「胃もたれが…」
な感じの食べ物が多いです。

でも、納豆やヨーグルトでは。
そういった食べた後の
「なんか調子が悪い」
って要素がまったくないので。

ヨーグルトや納豆は、プラスがあーだこーだではなく。
【マイナス要素がない食べ物】
だと思えばいいと思います。

自然治癒力が阻害されない

納豆やヨーグルトは、プラスがあるのではなく。
マイナスがない食べ物だとするのなら。

人間自然治癒力が働いていますから。
その自然治癒力を阻害させない食べ物だと言えます。

なので、ヨーグルトや納豆の良さを感じている人は。
ヨーグルトや納豆が良いのではなく。

ヨーグルトや納豆以外の食べ物で、自然治癒力を阻害している…。
そういうことな気がします。

人間、マイナスな食べ物を食べなければ。
普通に体の調子ってよくなる要素を持っていると思うんです。

だから、人によっては
「腸休めが効果的」
とも言いますよね。

食事を抜くことで、腸を休ませて。
それが良い結果を出すことが多いとされています。

ヨーグルトや納豆というのは、マイナス要素が少ない。

なので、マイナス要素が多い食べ物と比べると
「調子がいい」
って感じるのかと。

自分は前々から思っていましたけど。
ヨーグルトや納豆を食べるよりも

【体に悪い食べ物を控える】

そのほうがよっぽど健康的だと感じています。

まぁ納豆をおかずにすることで。
体に悪いおかずを減らすことができると思います。
おかずは多くて2,3品だと思うので。

納豆が健康的っていうのは。
マイナス要素の食べ物を口にしなくてすむからだと思っています。

大事なのは、納豆を食べることではなく。
体に悪そうな食べ物を控えること…。

これだと思いますね。