ヨーグルトが腐った?発酵と腐るの違い!賞味期限が過ぎたヨーグルトは食べれる?

ヨーグルトって賞味期限が過ぎても、基本腐らないんですよ。
そもそも発酵食品なんで、すでに腐っていると言えます。

「矛盾しているだろ!」
って感じるかもしれませんけど。

良い菌を入れて腐らせている(発酵)食べ物で。
悪い菌が入らないのなら、腐らないです。

ヨーグルトってそもそも牛乳(生乳)を固めたものですから。
でも牛乳って、普通固まっていないですよね。
牛乳って液体です。

どうやって固めたのかというと。
菌の力というか、温めて菌を繁殖させて固めたみたいな感じです。

普通に考えたら、牛乳をあたためてもホットミルクですけど。

長い時間じんわりあたためると、固まる気がしますよね。
いや知らんけど。

それがヨーグルトなんですよ。

ヨーグルトは腐る?

んで、ヨーグルトには賞味期限が設定されていますけど。

これは、まぁ賞味期限ということで
【おいしく食べれる期限】
みたいな感じですね。

ヨーグルトは時間が経過すると、すっぱくなるとされています。
まぁ話すと長くなるんですけど。

時間が経過すると菌があーだこーだなるんですよ。

時間の経過で菌が増える

どんなものもそうだと思うんですが。

菌っているんです。
空気中にも菌っているわけで。

だから風邪とか、他人から菌をもらってきてひきますよね。
インフルエンザとかもそうですよね。

食べ物って時間の経過で菌が増えて。

それがカビとか言われていたりしますけど。
菌が増えると危険なんです。

味がすっぱくなります。
自分もみそ汁とか腐ると、すっぱくなったものを飲んだことがありますけど。

まぁそんな感じです。

ヨーグルトの場合は元からすっぱいですけど。
さらに酸味が増すわけです。

でもその菌っていうのは、乳酸菌ではなく。
雑菌の可能性が高いわけです。

乳酸菌は増えない?

乳酸菌も増える可能性はあるんですが。

それは温めることで増えるって感じなわけで。
普通に冷蔵庫に置いていたら、増えるのは乳酸菌よりも雑菌系だと思います。
いや、知らんけど。

でも一般的にヨーグルトに使われている乳酸菌って。
時間の経過とともに死菌となってしまう
なんて言われています。

なのでヨーグルトを種菌として利用するためには。

できたてのヨーグルトをとっておいて、それを保管して。
種菌として使うわけで。

世の中、そんなにうまくいかないわけですね。
時間がたてば、乳酸菌が増えれば万々歳なんですけどねぇ。

発酵と腐るの違い

ヨーグルトは発酵食品なんて言われていますけど。

それは単に腐らせているだけで。
発酵と腐るの違いって、名前の違いです。

  • 発酵⇒良い菌を増やす
  • 腐る⇒悪い菌が増える

こういうイメージがありますけど。
結局、なっていることは同じなわけです。

腐るって言っても、たまに良い菌が増える可能性もあるのでは?
知らんけど。

限度の違いかもしれません。
日本には発酵食品なんてたくさんあるわけで。

漬物も発酵食品ですけど。
漬けすぎるとしょっぱくなったり、ぬるぬるしはじめるので。
やっぱり限度っていうものがあるのかと思いますね。

自分で発酵させること

自分でヨーグルトを作る人もいると思うんです。

自分もケフィアヨーグルトを作ったことがありますけど。
単に牛乳の中に種菌を入れて一定時間あたためるだけですからね。

仕組みは簡単なわけです。

でも画像を見ても、ちょっと簡素すぎますよね。
容器に電気でちょっと温かくなるマフラーみたいなものを巻いただけですからね…。

こんなヨーグルトになると
「心配だ」
なんて気になる人もいると思います。

メーカーと個人で発酵させる違いはまさにそこで。

  • 個人⇒道具がしょぼい
  • メーカー⇒施設ですごい機械を使っている

こういうところにあるのだと思います。
いや、メーカーがどんな機械を使ってヨーグルトを作っているのか知りませんけど。

まさか個人で作っているような道具でやっているってことはないでしょ。
万が一があったら、その企業名は悪いイメージがつきますから。

メーカーとしては、株価みたいなものもあるので。
そういう失敗からの悪い評判を恐れていると思うので。

発酵させるのなら、しっかりしたものを使っていると思っています。

賞味期限が過ぎたヨーグルト

賞味期限が過ぎたヨーグルトは食べれるのか?

賞味期限がわずかになると、割引シールが貼られるので。
自分はよく購入しています。

で、自分は賞味期限が過ぎたものを食べたりすることも多いです。
ヨーグルトに限らず…。

なので自分の体的には
【大丈夫】
だと思っています。

ただこれは自分の舌で確かめないといけないです。

異常なすっぱさだったら、食べないほうがいいです。
いや、そりゃそうでしょ!

人間の舌っていうのは、危険なものを感知する力があります。
なので、舌がピリピリくるものは、安全なものでも食べないほうがいいのかもしれませんね。

体質によっては危険?

後は体質的なものもあると思います。
よく風邪をひきやすい人は、悪い菌に対する耐性が低いのかもしれません。

人間には免疫力っていうものもありますし。
この免疫力も人間の体質で変化します。

たとえば、体温が高めの人は、体があたたかいので免疫力も高くなりがちがです。
体温が36.5ぐらいあるのなら、安心できますね。

でも体温が低めの人になると、体が冷えているので免疫力も低くなりがちです。
なので体温が35.5ぐらいになると、ちょっと心配です。

なんか若い人になると
「平熱が低いほうが格好いい」
みたいなことを思っていそうですが。

平熱が低いと、免疫力が低くなりがちで体調を崩しやすいです。
まぁ平熱が低いと、汗がかきにくいので、体臭はつきにくいかもしれませんけどねぇ。

賞味期限に余裕があっても腐っていることもある

自分が子供のころ、賞味期限がまだまだ余裕がある、バニラヨーグルトを食べたんです。

このすごく甘いヨーグルトですね。

で、一口食べたらすごく酸っぱかったんですよ。
つまり賞味期限が過ぎていないのに、中のヨーグルトが悪くなっていたわけですね。

ヨーグルトは賞味期限がどうこうよりも、保存状態というかな。
中に雑菌が入って放置したら、アウトだと思ったほうがいいです。

バニラヨーグルトって上の蓋が銀紙というかアルミだったりしますから。
ちょっと破れて、そこから雑菌が入ったりしたのだと思います。

なので保管状態や、ちゃんと密封されているのかどうかのチェックは大事だと思います。

いたずらで表面の銀紙を爪で穴をあける人もいるかもしれませんから。
気を付けたほうがいいと思いますね。

ヨーグルトは乳酸菌がないと成り立たない

そんな感じでヨーグルトっていうのは、そもそも菌を発酵して作るものであって。

菌がないと作れないわけで。
腐るとかいうのも変な話だったりします。

ただヨーグルトを作るときに入れている菌は良い菌だからセーフなわけで。

開封したら、悪い菌が入ってしまう可能性があるわけで。
開封したら、早めに食べるべきだと思います。

まぁそんなのはどの食べ物にも言えることなんですけどね。

どんなに無菌にしようとしても。
人間の目に見えないだけで、いたるところに菌がいます。

だから帰宅したら手を洗ったりしますよね。

胃酸で死菌に

人間って、胃酸があるので。
多少危険な菌を体に含んでも、基本胃酸が菌を死菌にしてくれるわけですが。

それは乳酸菌でも同じことで。
乳酸菌は生きて腸まで届くと効果が高いとされていますけど。
胃酸によって死菌になります。

だから時間が経過したみそ汁とか、たまにすっぱくなっていますけど。
少し飲んだぐらいでは、体に異常は出てこないと思います。

でもたくさん飲んだら、胃酸も死菌にしきれず。
体調を崩してしまうかもしれません。

いや、すっぱくなったみそ汁とかたくさん飲むとかきついですけど。
飲めないってレベルではないですから。

「もったいない」
と思って飲む人もいるかもしれません。

そう考えると、乳酸菌って生きて腸まで届くと効果が高いなんてされていて。
生きた乳酸菌を死菌にしてしまう胃酸に対して
「胃酸が邪魔だなぁ」
なんて思うかもしれませんが。

胃酸って人間の健康を保つ上で、とても重要なものなんです。
だから、乳酸菌なんて摂取しなくてもどうにでもなると思いますが。

胃酸がちゃんと働いてくれないと、人間かなりやばいかと思います。
気軽にいろいろ食べることもできなくなるかと…。

日本人は菌の力で長生き?

日本人は発酵食品がいろいろあるから、長生きしているとも考えられています。

実際なぜ日本人が長寿なのかはわかりませんけど。
ヨーグルトを食べていると、若さを保つなんてことも言われていますから。

菌というのは良い菌だと健康に。
悪い菌だと、不健康に。
そんな感じなんだと思います。

つまりヨーグルトもそうなんですよ。
ヨーグルトには良い菌が配合されていて、発酵食品ですけど。

良い菌を配合した発酵食品のヨーグルトにも
【悪い菌が混入する可能性がある】
だからすっぱくなったり、腐ったりする可能性があるわけですね。

菌って乳酸菌だけでもいろいろな乳酸菌があるわけで。

良い菌や悪い菌にもいろいろな種類があるのだと思います。
いや、自分はそこまで詳しくないですけど。

乳酸菌だけでも、いろいろなメーカーが、いろいろな乳酸菌を使っていますよね。

そう考えると、悪い菌もたくさんいるのだと思われるので…。

良い菌だけ取りたいわけですが。
それはやっぱり不可能に近いことだと思います。

空気を吸っているだけでも、菌が入ってきているわけですからね…。

いろいろ書きましたけど、結論としては
【良い菌が生きている新鮮なヨーグルトを食べるべき】
【賞味期限が過ぎたり、開封していると、悪い菌が混入して腐る可能性がある】
【賞味期限内でも、保存状態が悪いと悪い菌で腐る】
こんな感じかな。

でも人間って基本頑丈だと思っているので…。
自分は学生のころ、おなかが減って腹が鳴りそうなときって。

紙(プリント)を食べたりしていましたけどね。
いや、おなかが鳴ったら恥ずかしいので、それと比べたら紙を食べるでしょ…。

紙を食べても、基本体調を崩したりはしませんでした。
いや、そんなばくばくヤギみたい(?)にパクパク食べていたわけではなく。
ちぎって細かくしたものを口に含んでいたんですけど。

で、あとから自分が紙を食べていることを、指摘されましたけど。
お腹が鳴ることを指摘されるよりは、紙を食べていることを指摘されたほうがマシっていうか…。

やっぱりなんかおなかが鳴るって恥ずかしいというか。
授業中に急に
「ぐ~」
となるのは、恥ずかしいでしょ。