ヨーグルトを食べるといいことがあるか?ぶっちゃけないだろ

自分は毎日ヨーグルトを食べています。

で、もし
「ヨーグルトを食べたらいいことあるの?」
っていえば、基本ないと思うわ。

これは違和感があるかもしれないけど。

ヨーグルトが悪いというより。
世の中の食べ物多くが、基本そんなによくない食べ物なだけって気がする。

ヨーグルトがいいっていうよりも。
「他の食べ物がマイナス多すぎね?」
って感じなのかも。

ヨーグルトはマイナス要素が少ない食べ物

世の中にはいろいろな食べ物があるけど。

自分はヨーグルトっていうのは、その中でもマイナス要素が少ない食べ物だと思っている。

自分は腸があまりよくないので。

油っぽいものなんかを食べたら、下痢になったりするんだよね。

砂糖は悪玉菌を増やすと言われていたり。
健康的にもあまりよくないって言われているよね。

でもヨーグルトを食べても、それほどおなかの調子が悪くならないので。
乳酸菌もおなかに良いって言われていて。
腸が悪い自分でも食べれる食べ物がヨーグルトって感じかな。

ヨーグルトが良いっていうよりは。
他の食べ物が、負担が大きいのであまり食べれないってところがあるかも。

人間、なにかしら食べないといけないから。
その食べ物の中にヨーグルトをチョイスしているって感じかな。

ヨーグルトは毎日食べても、おなかの調子が悪くならないというか。

むしろ乳酸菌ていうのは、おなかの調子をよくするって言われているよね。

つまり、ヨーグルトにはいい点がないというより。

他の食べ物にも、いい点なんてほとんどないと思うというか。
他の食べ物になると、マイナスな点がいろいろ見つかったりする分。
ヨーグルトっていうのは魅力的な食べ物なんじゃないかと思ったり。

なにも食べないのが腸によい?

腸を健康にするのなら

「腸休めをするのがいい」

っていうのが結構言われているよね。

1食抜いて、腸に休みをとらせるだけで。

腸内環境はかなりよくなるって言われていたりする。

実際これは、正しいような気がする。
いろいろ食べるよりも、なにも食べないほうが腸的にはいいような気が。

でもわかっていると思うけど
【人間食べないと生きていけない】
わけで。

ずっと食事抜くっていうのは、命の危険があるので。
食べないといけないわけ。

なので、ヨーグルトも
「乳酸菌配合で腸に良い」
なんて言われているけど。

実際はヨーグルトも食べないほうが腸には優しいのかもしれない。

ただ、ヨーグルト以外にもいろいろ食べて、腸も疲れているのなら。
ヨーグルトも食べて、乳酸菌の効果を期待するのがありって感じなのかな。

自分に自信がつく

ヨーグルトに配合の乳酸菌は腸に良いとされているので。

ヨーグルトを食べ続ければ
「乳酸菌の力だ!」
な感じで、自分の健康にポジティブな自信をもつことができる。

これが大きいと思う。

人間、勢いに乗ったやつは止められない。

野球で3打数3安打のバッターには、敬遠するのも1つの手。

一発屋芸人もブームになっているときはテレビにでまくるけど。

ブームが過ぎてしまったら、テレビでまったくみかけなくなる…。

ワイルドだろぉ~?

用は健康に自信を持ったのなら。

ますます健康的になる可能性があるわけで。

逆に体調を崩すと。
そこからどんどん体調を崩していくわけで…。

ヨーグルトってその健康への自信を持つきっかけになるのかもしれないね。
ヨーグルトって健康食なイメージが強いから。

よく株価ってグラフにすると波をうっているというかな。
需要と供給もグラフにすると波をうっているって言われているけど。

人間の健康も、良い悪いをグラフにすると波をうっているのかもしれないねぇ。

「なんか最近調子いいかも」
なんて思ったら、どんどん体調がよくなっていき。

逆に
「なんか調子悪いかも」
なんて思ったら、どんどん体調が悪くなっていく。

ヨーグルトを食べて、自分に自信をつける。
それが大事ってこと。

まぁメンタルがとても強いのなら。
ヨーグルトなんて、食べる必要なんてないってわけだね。

でもメンタルが弱い自分みたいな人にとっては。
毎日ヨーグルトを食べることで
「ヨーグルト食べて乳酸菌とってるし!」
な感じになって、それが支えになるってわけ。

自分的感想

ぶっちゃけ家族でヨーグルトを食べているのは自分1人だ。

でも、家族の中で一番おなかが弱いのが自分だと思う。

ヨーグルトを毎日食べている自分より。

ヨーグルトを食べていない、家族の面々のほうがおなかの調子がいいわけだね…。

だから、ヨーグルトを食べているから。

ヨーグルトを食べていない人より、おなかの調子がよくなるってわけでもないと思う。

逆に考えると
【ヨーグルトって食べなくても大丈夫】
ともいえる。

まぁそりゃ当たり前だよね。

おなかの調子とかではなく。

「ヨーグルトを食べてカルシウムをとる」

みたいな考えのほうがいいのかもしれないねぇ。

自分の骨が強いのかなんて、まったく考えたことがなかったけど。
ちょっと考えてみると
「毎日ヨーグルトを食べてカルシウムとっているし、俺の骨強いのでは?」
なんて思えるからね…。

なので、結局ヨーグルトを食べていいことなんていうのは。

【自分で考える理屈的ないいこと】

ぐらいなのかもしれないね。

ヨーグルトを食べているからおなかの調子がいい。

ヨーグルトを食べているから骨が強い。

ヨーグルトを食べているから健康的。

そういうポジティブな思いが、自信につながって。
結果につながるような気がするなぁ。

まぁ意味のない健康への自信を持っている人は。
急に倒れたりするからね…。

「俺はタバコを吸っているけど、病気なんてここ最近まったくなったことがない!」

みたいな健康への自信は、急に倒れたりするから。

やっぱり理屈があるというか。
ちゃんとした理屈から、健康への自信をつけたほうがいいのだと思う。

まぁタバコは健康に悪いってされているから。
タバコを吸っていて
「俺は健康だ!」
っていうのは無理があるだけな気がするけど。

でも健康への自信って大事だと自分は思う。

逆に健康に関して弱気になると、急に体調が悪くなっていくような。

自分も油っぽいものを食べると、下痢になるので
あぶらっぽいものを食べるときは
「食べても大丈夫かなぁ」
なんて不安になるので、そのストレスによっておなかの調子が悪くなるような。