アレルケアとビフィーナ!乳酸菌はどちらがいいか買ってみた

乳酸菌サプリメントのアレルケアとビフィーナ。

自分は両方購入したことがあるので。
ちょっと書いてみようと思います。

自分的にはアレルケア

ぶっちゃけ言って、自分はアレルケアのほうを買います。

実際アレルケアはなんどかリピート購入していたりしますが。
ビフィーナは2回ほど購入して、なんか買わなくなりました。

自分がアトピーだからという理由もあるかもしれません。
アレルケアのL-92乳酸菌はアレルギーにいいと言われています。
でもそれだけではない気がします。

メーカーと乳酸菌の関係

自分はアレルケアのほうがいいと思うのは。
単にカルピス社が乳酸菌と関連深いからです。

一方のビフィーナは、森下仁丹なので。
乳酸菌との関係性がよくわからないというか。
ぶっちゃけいうと、ほとんどないように感じます。

もちろん、自分がそう思うだけで。
森下仁丹も
「乳酸菌の研究に力を入れています!」
ってところがあるのかもしれませんが。

やっぱり乳酸菌といえば、カルピス社の飲むカルピスが有名なので。
自分的にはカルピス社のアレルケアのほうがビフィーナよりはイメージが良いです。

ビフィーナはカプセルが人気?

ビフィーナといえば、カプセルの中に乳酸菌を配合したっていうタイプですね。

これは言葉では説明しづらいんですが。

画像で見ればわかると思いますが。
粉末タイプなんですが、その粉末の中にカプセルがあって。
そのカプセルの中に、生きた乳酸菌が配合されているって感じなんです。

これによって、カプセルが胃酸から守ってくれて。
生きて腸まで乳酸菌を届けるって理屈なんですが…。

これもちょっと謎で。
サプリって、タブレットタイプよりカプセルタイプのほうが上ってこと?

例えば、乳酸菌サプリにノアレがありますけど。

ノアレにはカプセルタイプとタブレットタイプがありますが。
カプセルタイプのほうが、胃酸から守れるってことになるの?

なんかビフィーナってよくわからないんですよね。
たしかに言っていることは
「たしかにそうかも」
と思えるようなところはあるんですが。

よく考えると
「ん?」
と思うような点がちらほらあったりします。

好きなほうを買えばいい

自分はビフィーナとアレルケアだったら、アレルケアのほうを買いますけど。
だから、アレルケアのほうが上だとかは思っていません。

単に自分はアレルケアのほうを買っているだけであって。
人それぞれ好みって違う物なので。

アレルケアよりビフィーナのほうを選ぶのもありかと。

ただ自分的には、乳酸菌サプリメントといえばアレルケアがトップだと思っているところがあります。

それは逆に言えば、他のメーカーの乳酸菌サプリメントがイマイチというか。

カルピス社のアレルケアを超える乳酸菌サプリメントなら。
ヤクルト社か、明治乳業あたりが、それなりの乳酸菌サプリメントを出さないと、自分的にはピンとこないです。

そもそも乳酸菌と特に関係もないメーカーが
「乳酸菌サプリを作りました」
なんて言われても、それは単に利益目的としか思えないので…。

乳酸菌サプリっていろいろなメーカーが新製品を出したりしていますけど。
ほとんどが、無名メーカーというか、よくわからないメーカーが
「乳酸菌って今注目されているし」
な感じで出しているように感じるんですよね。

ビフィーナは結構前からあるのが良い

ビフィーナって結構前に自分は購入したので。
もうその当時から普通に販売されていました。

なので、ビフィーナってもう結構前から販売されている乳酸菌サプリだと思います。

そういう点では、魅力があるというか。
結構飲んでいる人も多いので、いいと思います。

イメージとしては、ビフィーナは便秘があーだこーだな感じかな。
一方のアレルケアはアレルギーがあーだこーだですけど。

自分的には、そういうのを抜きにしても。
アレルケアのほうが、ビフィーナよりは飲むかな。

便秘改善目的でも、ビフィーナよりもアレルケアのほうを選ぶかと。

それは単純に、自分が
「乳酸菌サプリといえばアレルケア!」
と思っているからであって、それ以上でもそれ以下でもないです。

まぁそういう自分も、アレルケアをよく買うよりは。
毎日ヨーグルトを食べる派なので。

乳酸菌サプリ自体、そんなに熱心ではないんですけど!
やっぱりヨーグルトだわ。