停電でヨーグルトが買えなくなってヨーグルトのありがたみがわかる

2018年の9月、北海道地震で停電になったんですが。

その結果、ヨーグルトやら納豆やら。

そういうものに購入制限がかかったというか

売ってねぇ!!

在庫が少なくて売り切れなんだと思うんだけど。

ヨーグルト自体が売っていなくて

そうなって

「あぁ、ヨーグルトを食べれたことって幸せなことだったんだな」

って思いました。

人によっては

「ヨーグルトを買うお金がもったいない!」

って人もいると思うんです。

ヨーグルトをいくらでも買えるとなると、そんなことを思う人もいるでしょ。

でもヨーグルトを買えなくなって

「あぁ、ヨーグルトを毎日食べれるって恵まれているんだな」

って思いましたね。

あ、ちなみにヤクルト系は普通に売っていました。

飲むヨーグルト系ね。

でもヨーグルト系は売ってなかったなぁ。

ヨーグルトを続けること

ヨーグルトで乳酸菌をとっていても

「そんなのなにも役に立たない!」

って言って

「お金の無駄だ!」

と考えている人もいると思うんです。

でもそういうのも、ヨーグルトが売り切れになっていると

「ヨーグルトが買えもしない!」

って感じで、ヨーグルトを買いたくなるところがありそう。

人間って不思議なもので。

物がありあまっていると、魅力的に感じず。

売り切れになっていると

「買っておけばよかったー!」

ってなるわけですね。

だから今回の停電は、毎日ヨーグルトを食べている自分でさえも

「ヨーグルトを食べれるって幸せなことなんだなぁ」

なんて思って。

現在はそれなりにヨーグルトも出回ってきていますけど。

少し値段が高いヨーグルトでも

「買うかぁ」

って気になりましたね。

ヨーグルトを続けられるのは恵まれている?

停電がどうこうではなく。

今ではスーパーに行けば、たくさんのヨーグルトがありますし。
コンビニにも、オリジナルブランドのヨーグルトが安い値段で売ってます。

そういうのはすごく恵まれていることなんだと思いましたね。

いや、あたりまえに思っていますけど。

ヨーグルトを毎日食べるっていうのは、難しいことでもあるような気が…。

そもそもヨーグルトって冷蔵物で。

冷蔵庫に保存しないといけないので、場所も取るので…。

結構大変なんですよね。

自分は家族で1人だけヨーグルトを食べているので。

冷蔵庫の場所は大丈夫ですけど。

もし4人家族だったら、4人みんなでヨーグルトを食べていたら。

冷蔵庫がヨーグルトでいっぱいになっているかと。

でもそう思っても、やっぱりヨーグルトって個数が必要になると思いますし。

スーパーに普通にヨーグルトが売っているというのは。

それだけ店屋も仕入れている気がします。

というか、コンビニとかちょっとしかヨーグルトを置いていないけど…。

だからちょくちょくヨーグルトの在庫が切らしているときとかあるのか…。

でもそれでもコンビニの数も増えて。

コンビニでヨーグルトを買えるっていうのは、すごく恵まれていることだと思いましたね。

自分ももし近くにスーパーがなかったり。
コンビニでヨーグルトを買えなかったのなら。

ヨーグルトを続けていなかったかもしれません。
ヨーグルトを毎日食べないと生きていけないわけでもないですし。

ヨーグルトを食べるも食べないも自由

でも今回停電でヨーグルトが手に入らなくて。

乳酸菌サプリとか飲んでいましたけど…。

ヨーグルトを食べるも食べないも自由ってことですね。

もちろん今回のヨーグルトにヨーグルトが欲しくても手に入らないこともあります。

そういうときは、しょうがないと思ってヨーグルトを食べないわけで。

「俺にヨーグルトを食わせろ!」
なんて暴れたりはもちろんします。

ないものはないであきらめるわけで。

毎日ヨーグルトを食べていますけど。

当然手に入らなかったら、ヨーグルトは食べません。

そのぐらいでいいと思うんですよね。

ヨーグルトは食べれるチャンスがあれば食べればいい。

毎日無理してヨーグルトを食べる必要もなく。

スーパーやコンビニに行ったら
「ヨーグルト買うかぁ」
ぐらいの意識があればいいと思うんです。

その意識があれば、ちょくちょくヨーグルトを食べると思うので。

そういうコツコツが、腸内環境を整えてくれるのかと。

人間の健康なんていう物は、健康オタクよりも。
ちょっと健康への意識があるぐらいの人のほうが、健康的に思えますからね。