乳酸菌って肌にいい?若いままでいられる?毎日ヨーグルトを食べてみての感想

乳酸菌をとっている人は若く見られると言われています。

人間は年齢を重ねると、腸内のビフィズス菌が減り。
高齢になると、悪玉菌が多くなるから老けるなんて言われています。

子供のころは、腸内にたくさんの善玉菌がいて。

それが年齢を重ねて善玉菌の量が減り。
そして、悪玉菌の量が増える。

これを食い止めるために、乳酸菌をとるわけですね。
乳酸菌は善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすとされているので。

年齢を重ねると誰でも老けます。

それが腸内細菌の関係であるのなら。
腸内に善玉菌が多い状態を保てば、若いままでいられる可能性もあるのかもしれません。

乳酸菌で美肌

乳酸菌は美肌にいいとされています。

おそらくこれは逆なんだと思います。

乳酸菌をとると美肌にいいというよりは。
【腸が悪化すると肌の状態が悪くなる】
こういうことなのかと。

人間、夜更かしすると肌の状態が悪くなったり。
体が痒くなります。

それは眠らないと腸が弱ってしまうからで。
美容には睡眠が大事だというのも納得できます。

たしかに腸が悪化すれば、肌に異常がでるのなら。
乳酸菌で腸を健康にできれば、美肌になるとも言えます。

ただ自分的には、乳酸菌で美肌というよりは。
腸を悪化させない生活を送れば大丈夫かと。

なので、乳酸菌をとらずとも、肌が綺麗な人もいますよね。

乳酸菌と肌の関係は。

腸と肌の関係だと考えていいと思います。

なので、乳酸菌で美肌というよりは。
日々食べるものを
「これは腸にいいのかな?」
なんて考えて選べば、美肌になれるかも。

ただ、肌の状態はストレスとかも関係するからなぁ。
好きな食べ物を食べないとなると
「つらい」
となって、ストレスで逆に肌の状態がいまいちになってしまうかも。

難しいところですね。

乳酸菌で若さを保つ

乳酸菌で若返りというのは。

「体の中から」
ということになるのかもしれません。

もし善玉菌が多い状態が、腸が若い。
逆に悪玉菌が多い状態が、腸が老けている。

そう考えるのなら。
乳酸菌をとることは、腸が若い状態を保つことができます。

体の中を若い状態を保てるのなら。
自然と、外見的にも若く見られるはずです。

まったく運動しない人と。
適度に運動する人なら。
運動する人のほうが、若く見られることのほうが多いです。

それは運動したほうが、血液がサラサラになることが関係しているのかもしれません。

まぁ過度な運動をしている人は。
その肉体的疲労から、老け気味に見える人もいますけど…。

何事も、ほどほどにしないといけないってことですね。

乳酸菌も、腸にいいと言っても。
乳酸菌を配合したヨーグルトや乳酸菌飲料をごくごく飲むと。
食べ過ぎ飲みすぎになって、腸に負担がかかるので。

逆に老けてしまうかもしれません。

自分的感想

自分は毎日ヨーグルトを食べています。

それでもやっぱり年齢とともに老けます。

人間どんなに、若いままでいたくても。
限界というものがあるわけです。

だから、乳酸菌を毎日とっていても。
時間とともに老けてしまいます。

これは絶対です。

ただ、もしヨーグルトを食べていなかったら。
もっと老けていたかもしれません。

でもそんなのは、結局わからないことですし。

若くいられる秘訣は、乳酸菌だけではないはずです。

もっと、気持ちの面からも若くいるほうが、外見的にも若く見られたかもしれませんし。

バランスの良い食事だってそうですし。
睡眠時間の関係もあると思います。

でも、やっぱり時間とともに老けますね。

自分の家の鏡を見ると
「なにも変わっていないな」
と思うんですが。

昔の写真を見たり。
外出時に、全身鏡をみると
「老けたなぁ」
と実感することがあります。

なんか家の鏡なら、見慣れているので
「あまり変わっていないな」
と思うんですが。

外出先の鏡を見ると、光の加減やら。
自分がうつっている角度の関係もあると思うんですが。

「老けたなぁ」

って思ったりしますね。

肌はわからないですね。

30代ですけど。
肌の状態はそんなに変わっていない気がします。

肌が綺麗なのか、汚いのかなんてあまり気にしないからな。
顔はやっぱりしわが増えたように感じるかな。

やっぱりどんなにがんばっても。
人間老けますよ。

人から若くみられる人もいますけど。
それは遺伝的要素が、一番大きいと思うかなぁ。

あぁ、でも不規則な生活をしていると。
やっぱり外見に出てくると思うんです!

寝不足だと、目の下にくまができたりしますからね。
私生活が悪いと、外見にでてしまう気がします。