乳酸菌はヨーグルト以外にもいる!お菓子で乳酸菌をとること

最近、いろいろな食べ物に乳酸菌を配合しているけど。

実際乳酸菌って、いろいろなものについていたりするものだったりするんです。

それは菌っていうものは、そこら中にいて。

むしろこの菌のせいで、食べ物が腐るというか。
かびてしまうわけで…。

菌っていうのは、ヨーグルトとかに
「〇〇乳酸菌!」
とか明記されているので。

そういった食べ物にしか乳酸菌がいないように感じますけど。

空気中にも菌がいたりするわけですね。

だから、死菌となった乳酸菌なのに。
自分でヨーグルトを作ったら

「ヨーグルトができました!」

みたいな人がいるわけ。

空気中の乳酸菌を配合して、それが発酵してできた可能性が高いってこと。

人間の腸内にも菌がいる

人間の腸内にも菌がいて。

これをどうにかするために乳酸菌をとっているというのは有名な話です。

善玉菌やら悪玉菌やら。
聞いたことがあると思います。

乳酸菌をとるのは。

  • 善玉菌⇒増やす
  • 悪玉菌⇒減らす

こういうことのために、とっているわけ。

でも人間、年齢とともに善玉菌は減っていき。

逆に悪玉菌は増えていくって言われているから。

限界はあると思う。

そりゃーどんなに乳酸菌をとっていても。

年齢を重ねれば老けるでしょ。

乳酸菌をとっていると

「若く見られる」

っていうのも、腸内の菌のバランスの関係なのかもしれないけど。

どんなにがんばっても、年齢には勝てないってことだね。

ヨーグルトで乳酸菌をとること

今ではいろいろなものに乳酸菌を配合したりしているけど。

やっぱりヨーグルトが乳酸菌をとる代表的な食べ物だと思う。

というか、それはほかの食べ物がいまいちだからだと思う。

ヨーグルトがどうとかではなく。

お菓子で乳酸菌をとったとしても。
そのお菓子のマイナスな点を考えると、乳酸菌を配合していても無理では?

だって、もしお菓子で乳酸菌をとってもOKなら。

お菓子と一緒にヨーグルトを食べていれば。

どんなお菓子もプラスになるってことになるけど。

さすがにそれはおかしいでしょ。

つまり乳酸菌をとっていても。

その乳酸菌の取り方によっては、逆にマイナスになってしまうってこと。

だから、人によっては

「ヨーグルトよりも乳酸菌サプリがいい」

って人もいるよね。

それはヨーグルトがあまりよくないって考えている分。
あまり影響がなさそうな乳酸菌サプリのほうをマイナス要素が少ないと思っているのかと。

お菓子で乳酸菌はダメなのか?

最近はお菓子に乳酸菌を配合しているのが増えているけど。

これは
【乳酸菌を配合していないよりはマシ】
ぐらいに考えたほうがいいような気がする。

乳酸菌を配合しているから

「このお菓子は健康にいい」

っていうのは間違っているかと。

もちろん人間の健康に絶対はないので。

乳酸菌を配合したお菓子で

「なんか調子いいぞ」

って人もいると思うんだけど。

でも、その理屈だと。

「乳酸菌を配合していればなんでもいい」

ってことになるので、やっぱりそれはおかしいと思う。

お菓子ではなくても、どんなものにでも乳酸菌を突っ込めば。

それは健康的な食べ物になるっていうのは、おかしくないか?

もし乳酸菌を配合したタバコとかでてきたら。

それは健康にいいのか…。

まぁ理屈上ありえない仕組みだとは思うんだけど。

じゃあ

「タバコを吸っているけど、乳酸菌もとっている」

となったら、プラスなのかマイナスなのか。

少なくとも

「乳酸菌をとっていて、タバコは吸っていません」

って人のほうが、健康的に感じるから。

乳酸菌を配合していれば、どんなものでもプラスっていうのは。
やっぱり間違っていると思う。

お菓子っていうのは、健康にいいとは思えないというか。
子供に

「健康にいいから、お菓子をたくさん食べなさい!」

という親はいないでしょ。

だから、お菓子に乳酸菌を配合していても。

やっぱり限界があると思うんだけどなぁ。

乳酸菌は実際どうなのか?

実際のところ、乳酸菌をとることで腸が良くなるってこと自体が、曖昧なところを感じるので…。

たとえば、自分は毎日乳酸菌をとっていますけど。

乳酸菌をとっていない人のほうが、腸の状態がよさそうな人も多いです。

まぁ自分は腸が悪いから、乳酸菌をとっているだけなところもあるんですけど。

人って、たしかに運動とかしないと体力は落ちますけど。

乳酸菌をとっていなくても、おなかの調子がいいって人もいるわけで…。

そういうところは確実性がないと思います。

運動っていうのは、やらないと体力はつかないと思います。

なにも運動していない人が、急にマラソンをやってもやっぱり無理だと思うんです。

でも、乳酸菌というのは、別にとらなくても。

お腹の調子が悪くない人だって多いわけで…。

乳酸菌って実際たいしたことがないものなのかも。

でも、やっぱり乳酸菌ってイメージがいいですよ。

乳酸菌をとっていると、健康的なイメージがあります。

そのイメージを求めて、多くの人は乳酸菌をとるのかも。

用はポジティブシンキングっていうの?

自分の体にポジティブなイメージを持つために乳酸菌をとるのかも。

もしそういうイメージだけの話でいうのなら。

お菓子に乳酸菌を配合しているのは、とても意味がある物だと思います。

乳酸菌って実際はイメージだけの話なのかも。

それなら、どんなものにでも

「乳酸菌を配合!」

なんて明記すれば、人間はポジティブに思えて。

体にも良い影響がでるのかもなぁ。

まぁそれでも結果が出たもの勝ちなので…。

そういうプラセボ効果だったとしても。

乳酸菌で健康的になれたのなら、それは勝ちなんですよ。

だからお菓子に乳酸菌って、普通に考えれば無理な話でも。

結果的に健康的になれたのなら、それって勝ちなんです。