newヤクルトを2本飲めば、ヤクルト400と同様か?

ヤクルト400は、newヤクルトの乳酸菌が2倍入ったものです。

なら、newヤクルトを2本飲めば。

ヤクルト400と同等の乳酸菌をとれることになります。

ヤクルト400は1本に乳酸菌400億個。
newヤクルトは1本に乳酸菌200億個。

こんな風になっています。

で、newヤクルトを2本飲むことで

「ヤクルト400と同じになるか?」

といえば、ほとんど同じだと自分は思っています。

でもそれはいい意味ではなく。
そんなに期待しないことでの、同じようなものという話だったりします。

ヤクルト400もNewヤクルトも変わらない

実際ヤクルト400もNewヤクルトもどちらも変わらないと思っています。

Newヤクルトを2本飲んで、1本よりもすごくなるほうが稀というか。
乳酸菌をたくさん摂ればいいのなら。
【ヤクルト400を2倍飲めばいい】
わけで。

やっぱりそれはおかしいかと。

もし乳酸菌をたくさんとればいいだけなら。

ヤクルト400を1日10本ぐらい飲めばいいわけで。
乳酸菌の数をどう思うのかは自由なわけだけど。

冷静に考えたら
【乳酸菌の数なんてどうでもいいこと】
だというのに気づくかと。

そもそも乳酸菌は絶対でない

そもそも乳酸菌というのは、かなり曖昧だったりして
「相性によって効果が変わる」
とか言われていたり
「断続しないとわからない」
なんてことも言われています。

なので、乳酸菌自体が曖昧なので

ヤクルト400もNewヤクルトもどちらも似たような物

だと言えます。
乳酸菌であーだこーだの品物なわけですから。

ヤクルト400の評判がいいですが。

ヤクルト400は絶対ではないです。
ヤクルト400を飲めば、確実に効果を実感できるわけでもないので。

ヤクルト400を飲もうが。
newヤクルトを2本飲もうが。
どちらにもしてもダメな可能性だってありえます。

ヤクルト400の魅力はイメージの良さ

ヤクルト400がnewヤクルトより優れているのは
【イメージの良さ】
だと言えます。

ヤクルト400は1本80円。
newヤクルトは1本40円。

ヤクルト400のほうが2倍するので。
newヤクルトより、優れているように感じます。

人間値段が高いもののほうがすごく感じます。
そもそもnewヤクルトであっても、1本40円は高いと思うんですよね。

それがヤクルト400は2倍の80円。
その値段を聞けば

「そんなに高いのなら、それだけの価値がある!」

と思う物です。
いや、そういうものなんですよ。

逆に大したことがないものだと思っていても。
その値段を聞いたとたんに
「すごいものだったんだ」
ってなるのが人間です。

口コミ評判も良い

ヤクルト400は口コミや評判もいいです。

なので、そういう口コミや評判を見て
「ヤクルト400ってすごいんだ」
と思うことで、ヤクルト400に良いイメージを抱くこともあるかと。

さっきから
「イメージ、イメージ」
って言っていますけど、そういうイメージって大事です。

人間第一印象が大事と言われていますし。
いやーなイメージを与えてしまうと、そのイメージを覆すのは大変です。

ヤクルト400の魅力は
【イメージが良い点】
だと思ってます。

単純に乳酸菌の量も
「少ないよりは多いほうがよさそう」
って思いますよね。

そういうイメージがヤクルト400の魅力と言えます。
そしてそういうイメージの力は馬鹿にできないので。

自分はヤクルト400のほうが、newヤクルトより優れていると思っています。

乳酸菌の量なんてどーでもいいんだけど。
ヤクルト400のほうがnewヤクルトの上位版なイメージですからね。

その差は大きいでしょ。

newヤクルトを2本飲んでも、おそらく多くの人は
「ヤクルト400のほうが優れている!」
という人が多そうです。