【l92とヤクルトとr-1】優れているのはどれか

最近話題になっている乳酸菌。

  • ヤクルト
  • L92
  • r-1

一番優れているのかどれなのか考えてみようと思います。

まぁ乳酸菌なんて、人との相性なんて言われているんですけど。

実際に3つとも試したことがある自分の感想みたいなものを書いてみようと思います。

ヤクルトは知名度が抜群

ヤクルトは知名度が抜群のメーカーですよね。

もちろんヤクルトと言えば、飲むヤクルトが有名なんですが。

同時に有名なのは、プロ野球チームのヤクルトスワローズですよね
ヤクルトというのは、社名でもあり商品名でもあり、プロ野球チーム名でもあるんです。

そんなヤクルトは乳酸菌とのイメージが一番強いメーカーだと自分は思っています。

今ではいろいろな乳酸菌の種類がありますけど。
多くの人は乳酸菌と聞けば
「ヤクルト?」
なんてことを思います。

そのぐらいヤクルトというメーカーは乳酸菌と関連深いメーカーなんです。

定番が好まれる

今ではヤクルトの類似品が山ほどあります。
ヤクルトの類似品は値段が安いです。

それでも多くの人はヤクルトを買ったりします。

その理由は
「ヤクルトのほうが優れている」
と思っているからだと思います。

うまく言えませんけど。
それは効果だけの点ではなく。

味や品質の点でも、ヤクルトのほうを信頼しているわけです。

まぁそりゃそうですよね。
ヤクルトのほうが値段が高く、類似品は値段が安いです。

人間値段が高いもののほうが
「優れている」
と単純に思ったりします。

他にもヤクルトというメーカーはやっぱり定番なので
「ヤクルトを買っておけば失敗しないだろう」
という気持ちがあります。

つまりヤクルトの良さというのは
「失敗がないだろう」
と思えるところだと自分は思っています。

他のL92やR-1は、やっぱりまだまだ定番ではないというか。
最近話題になっているところだと思うので。

ヤクルトと比べると
「本当に良いのか?」
なんて疑う人もいると思います。

でもヤクルトになると、昔からあるので。
「ヤクルトはヤクルト」
な感じで、安定している気がします。

実際にヤクルトを飲んでみて

実際に自分がヤクルトを飲んでみて思ったのは。

【便秘にいいのでは?】

ということを思いました。

自分は男なので、どちらかというと軟便&下痢気味なんです。
なのでヤクルトの良さっていうのは、いまいちわかりにくかったというか。

より便意が早くきて困るというか。
うんちがやわらかくなったように感じます。

自分も一時期便秘気味でしたけど。
そのときはヤクルト400がなかなか頼りになりましたね。

ヤクルトって腸内環境を整えると言われていますけど。
どちらかというと、便秘に特化しているんじゃないかと思っています。

ちょっと甘すぎますからね。
いくら乳酸菌シロタ株が優れていると言っても、この甘さはデメリットもあるような気がします。

なので自分的にはヤクルトっていうのは、便秘に特化したようなものだと思っていますけど。

なんども言いますけど。
あくまでも個人の感想ですからね。

L92はアレルギー向け?

L-92乳酸菌はアレルギー向けなイメージが強いです。

最近はアトピーや花粉症の人が多いですから。
そういう人をピンポイントで狙っている気がします。

うまくいえませんけど。
便秘に良い乳酸菌やヨーグルトといえば、多くのものが見つかると思うんです。

でもアレルギーに良い乳酸菌やヨーグルトというと、限られているので。
そのピンポイントな人たちから注目を得られている気がします。

特に最近は花粉症で悩む人が激増していますから。
そういうピンチはチャンス的なもので、人気になっているように思いますね。

期待が高すぎる

L-92乳酸菌はアレルギーに良いなんて言われているからか。

その効果を絶対的なものだと考えている人が多い気がします。

たとえば、ヤクルトの便秘に良いぐらいのことなら
「別に効果がなくても、許します」
な感じの人が多いと思うんです。

でもL-92乳酸菌のアレルギーの効果に対しては
「効果がなかったら詐欺だからな!」
と、効果の期待度が高い人が多い気がします。

実際L-92乳酸菌で花粉症やアトピーがどうにかなった人もいるんですけど。

結局乳酸菌ですから。
もちろん効果が見られず、怒っている人も多い気がします。

自分的にはL-92乳酸菌は、乳酸菌だとみられていないというか。
もっと上の何かだと勘違いしている人が多い乳酸菌だと思っています。

実際にL-92乳酸菌を摂取してみて

実際にL-92乳酸菌を摂取してみて…。

あぁ、自分はアトピーなんですよね。
アトピーでL-92乳酸菌に興味を持って、いろいろ試しましたけど。

別にL-92乳酸菌でアトピーがどうにかなったとは思っていませんけど。
当時と比べれば、アトピーはずいぶんマシになりました。

これがL-92のおかげなのかというと。
そういうわけではない気がします。

ただL-92のおかげで、アトピーを治そうとする意識が高まったところはあると思います。
そこが大きかったかな。

花粉症は知りませんけど。
アトピーなんていうものは、本人が治そうとしないと治らないものだと思うので。

L-92を続けたことによって
「アトピーを治そう!」
という気持ちが高まり、健康意識が向上した点がよかったです。

アトピーなんて、L-92を摂取しなくてもよくなります。
逆にL-92ではないと治らないアトピーも存在しないかと思います。

あたりまえのことなんですけど。
それがわかっていない人が多い気がします。

L-92を試してもアトピーがよくならないのは。
別にL-92が悪いとかではなく、本人自身に問題があるのでは?

つまりL-92とか、別にどーでもいい気がします。
ちょっとだけプラスになるぐらいかな。

もっとやるべきことってあると思います。
そしてそれは、本人もうすうすわかっていると思うんですけどねぇ。

人間うすうす健康に悪いと思っていることってわかっているのに。
見て見ぬふりをしている人が多いですからね。

R-1は人気!

R-1は人気ですね。

今一番ノッテいる乳酸菌&ヨーグルトな気がします。

スーパーもR-1ヨーグルトを仕入れすぎているからなのか。
最近は結構安く販売するショップも多くなってきました。

普通に購入したら1個120円ぐらいだと思うんですけど。
仕入れすぎたのか、特売の目玉にしようとしたのか。

1個100円以下で買えることもちょくちょく増えてきたというか。
こういうヨーグルトが特売になるっていうのは珍しい気がします。

特売になるヨーグルトって基本、無糖タイプのプレーンヨーグルトがほとんどじゃないか?

それが今ではR-1ヨーグルトが結構特売としてチラシに掲載されていますからね。

そのぐらいR-1ヨーグルトは人気なヨーグルトとなって。
スーパーでは箱売りで販売しているところもありますからね。

R-1と免疫力

R-1ヨーグルトは免疫力に関するところの注目が高いです。

まぁヨーグルトって健康にいいってイメージがありますけど。
R-1ヨーグルトはそのイメージが特に強いって感じですね。

これは風邪とか以前に

【インフルエンザに有効】

ってところがあるからだと思います。

むしろR-1ヨーグルトが人気になったのは、インフルエンザ予防として注目されたからで。

「インフルエンザをどうにかするぐらいだから、免疫力にいいんでしょ」
な感じで、インフルエンザ流行後も人気になっているように感じますね。

たしかにインフルエンザは季節的な症状でもありますけど。
風邪は1年中引く可能性があるというか。
体調って1年中変動するものですから。

その体調を少しでも崩さないように、R-1ヨーグルトを続けている人がいるのかと思います。

R-1ヨーグルトを実際に食べてみて

まぁ自分って毎日ヨーグルトを食べて、もう10年近くなりますけど。

たしかに風邪って引きにくくなったように感じますが。
風邪をひきやすかった時期というのも特にないので…。

なんかヤクルトでもL92でも似たようなことを言っていますけど

「よくわからん」

ってところがあります。

そもそもR-1ヨーグルトを食べなかったら、風邪をひいていたのかもよくわからないですし。
ヨーグルトを食べなかったらどうなっていたのかもよくわからないので。

いわゆる
【安心感】
この点が大きいのでは?

不安を抱いていると、ストレスがたまって体調を崩しやすいです。
でもR-1ヨーグルトを食べていれば
「R-1ヨーグルトを食べているから大丈夫だ」
と思える人もいると思います。
それが大きいと思いますね。

そんなことをいうと
「プラセボ効果じゃん」
な人がいるかもしれませんけど。

プラセボ効果でも、健康であることに意味があるんです。
健康でいられるのならプラセボ効果でも別にいいと思うんです。

大事なのは結果であって、過程ではないと思います。
漫画のブラックジャックに見てもらったとしても、助からなかったら意味がないと思うんですよね。

ブラックジャックに見てもらったから
「助からなかったけど、納得です」
とすんなり受け入れられるのなら、別にそれでもいいですけど。

でも、もしヤブ医者だったとしても、命が助かったのなら。
自分は万々歳だと思うんですけどねぇ。

まぁブラックジャックも無免許医なんですけど。

まとめ

いろいろ書きましたけど。

結局どれがいいのかというと、困ってしまうんですが…。

自分的にはどうだろ…。

自分はコストパフォーマンスを重視するので。
半額になっているR-1ヨーグルトなら買うかなぁ。

ヤクルトもたまに半額シールとか貼られていますけど。
それでもヤクルトの類似品と比べると値段が高いですからね。

ヤクルトもL92もR-1もすべて試したから思いますけど。
全部これといってこだわる必要もない気がします。

「なんだそれ?」
と思う人もいるかもしれませんけど。

大事なのは乳酸菌の質ではなく。
【乳酸菌の摂取を続けること】
だと思います。
もちろん自分の主観でしかないですけどね。

もし値段とか関係なく、効果にこだわりたいのなら
【一番値段の高いものを選ぶ】
といいかもしれません。

そうなると、やっぱりR-1ヨーグルトが1個100円以上するのでそれになるのかな。
でも自分的にはヤクルト400が1本80円というのは、一番高く感じます。

なんとなくヤクルト400の評判がいいのは。
値段が高いヤクルトだからっていう点もあると思いますね。

普通のヤクルトだって、1本40円と結構なお値段なのに。
ヤクルト400になると、1本80円ですからね。

このサイズで1本80円となると
「効果があってあたりまえ!」
な人もいると思いますし。

そう思えるのなら、効果は実感しやすい気がします。

乳酸菌への意識

全部に言えることとしては
【乳酸菌はちょっとだけプラス】
ぐらいに思っておけばいいということかな。

乳酸菌って何億個とかの話ですけど。
乳酸菌だけでは小さすぎて、人間生きていけないですよね。

結局人間は食べたり飲んだりしないと生きれないわけで。
乳酸菌を摂取する方法も、食べたり飲んだりしないといけないわけです。

乳酸菌サプリだって、タブレットだったり粉末だったりしますから。

人間の健康なんて、乳酸菌の種類よりも。
【普段の生活でどんなものを食べたり飲んだりしたのか】
こっちのほうが影響力がでかいと思いますよ。

スポーツ選手なんかになると
「体を絞るために、大好きなチキンを食べるのをやめた」
なんていう人もいますからね。

まぁチキンを食べても、結果を残す人もいるんですけど。
なので結局、その人次第ってことですね。

たしかテニスのジョコビッチもグルテンフリー(小麦粉抜き食事)があーだこーだ言っていなかったっけ?

だから、乳酸菌をとるよりも、普段の食事からマイナス要素を抜いたほうが、よっぽど影響力はでかいと自分は思っています。