ガセリ菌は賞味期限が長いうちに食べたほうがいい?乳酸菌はどうなる?

ガセリ菌のヨーグルトって、スーパーにいけばちょくちょく賞味期限わずかで半額になっていたりするんだけど。

賞味期限が短くなったヨーグルトは。

生きた菌が死菌になっていってしまうらしい。

乳酸菌は目に見えないというか。
生きているのか死んでいるのかなんて、わかるはずもないから。
たしかなことは言えないんだけど。

時間の経過とともに、ガセリ菌は死菌となっていってしまうらしい。

ガセリ菌と他の菌

わかると思うけど、食べ物は時間の経過とともにカビがはえたりして腐るよね。

ガセリ菌のヨーグルトもガセリ菌が使われているんだけど。
時間の経過とともに他の菌によって腐る可能性があるわけ。

納豆も同じだよね。
発酵させて菌を繁殖させているんだけど。
他の菌によって腐る可能性があるわけ。

つまりガセリ菌のヨーグルトは時間の経過によって

  • ガセリ菌⇒死菌になっていく
  • 他の菌⇒増えていく

こういうことになるわけだね。

だからカスピ海ヨーグルトの植え継ぎをしたことがある人ならわかると思うんだけど。

できあがったヨーグルトを、すぐに少しとって。
別の容器で保管しておくのは。

【ヨーグルトの菌を保存&他の菌を付着させない】

このためなわけだね。

生きた菌にこだわるのなら。

ガセリ菌ヨーグルトは買って、すぐに食べたほうがいいってこと。

生きていない菌はダメなのか?

最近は生きている菌にこだわる人が多いけど。

生きている菌をとるメリットというのは、それほど大きくないと自分は思っていたりします。

それはどんなに乳酸菌が生きていても。

人間の体には胃酸という絶対的な守護神がいるから!

胃酸はサッカーでいうところの若林。
ペナルティエリア外からシュートは決められないほど強固。

だから、多くのメーカーが
「生きて腸まで届く!」
とか言っているけど、基本無理。

でも、乳酸菌がどうなっているのかなんてわからないから。
生きた菌を配合しているのなら
「生きて腸まで届く!」
なんて言っているわけ。

でも自分的に胃酸を突破するのは、本当に困難だと思っているので。

生きた乳酸菌をとっても、結局胃酸で死菌になってしまうと思っている。

で、死菌となった乳酸菌ではだめなのかというと。

それだと、はじめから殺菌された乳酸菌を配合した乳酸菌サプリなんかが意味のない製品になるので。

殺菌された乳酸菌でも、大丈夫なわけ。

つまり生きた乳酸菌にこだわっているのは、購入者なだけであって。

自己満足にすぎないってことだね。

もちろんその自己満足が大事なことだってある。

「私はコシヒカリしか受け付けない!」

っていうのなら、コシヒカリを選べばいいわけで。

用は生きた乳酸菌をとるっていうのは、そういう自己満足みたいなものだと自分は思う。

ガセリ菌のヨーグルトが半額だったら買いか?

ガセリ菌のヨーグルトが賞味期限わずかで半額だったら…。

自分は買います。

それは安いから。
毎日ヨーグルトを食べている自分にとっては。

乳酸菌の生き死によりも、ヨーグルトを安く続けられることをメリットと感じる。

なのでガセリ菌に限らず、半額なヨーグルトなら
「買い、買い、買い!」
な感じかな。

まぁバニラヨーグルトは、根本的にデザートみたいなものだと思っているけど。

一応発酵しているようなので、バニラヨーグルトや、牧場の朝でもぎりぎりアリだと思っていたりするし。

こういうのは結局本人の考えだと思うんだ。

生きた乳酸菌を求めている人だって
「半額だ!安いから買おう!」
と思うかもしれない。

でも時間の経過によって、生きた菌は死菌になっているわけだから。
生きた菌にこだわるのなら、半額のヨーグルトではなく。
賞味期限に余裕があるヨーグルトのほうが、生きた菌は多いはずってことだね。

だからそういうのは、結局自己満足だって言っているわけ。

自分的感想

結局乳酸菌なんて言ったもの勝ちな世界。

だから、メーカーも強気になれる

「生きて腸まで届く!」

「最低3か月は続けて!」

「食後に食べると生きて腸まで届きやすい!」

これら全部言ったもの勝ち。

乳酸菌が自分の体内でどうなっているのかなんてわからないし!

そもそも3か月もあれば、多くの人は体調が変わっているから!
3か月も不調をキープできるほうが難しいから!

骨折だって3か月もあれば、複雑骨折でもなかったのなら。
大体よくなっているからね…。

後は、なにを信じるのか。

そもそも乳酸菌って本当におなかにいいのか?

そこからだって、絶対はないわけで。
もしダメだったときも、メーカーは
「相性が悪かったのかもしれませんね」
と言えば、いくらでも逃げれるわけだからね。

でも乳酸菌っていうのは

【言ったもの勝ち、信じたもの勝ち】

だと思うね。

言ったもの勝ちなんだけど。
それを信じたものが勝つって点もあるわけ。

信じれば死菌を使っても、死菌からヨーグルトを作れる人もいるからね。
いや、雑菌が混ざってヨーグルトができただけだと思うんだけど。

ネットを見ていると、死菌の乳酸菌からヨーグルトを作り上げた人もいるからね。

信じれば、なんとかなるのかも…。
不可能を可能にしているレベルだからな!

結局はガセリ菌に限らず、どんなヨーグルトにもいえることなんだけど。

その製品にどれだけの生きた乳酸菌が入っているのかなんて。

こちら側にはわからないって話なんだよね。

でもそれが普通だと思う。

外食したときにいちいち

「これはどこ産?日本産?中国産?」

なんて聞く人はほとんどいないでしょ。

ヨーグルトだって

「これはなんの乳酸菌が使われているの?生きているの?」

とかいちいち考える人はいないと思うんだ。

そしてそれでいいと思う。

自分も毎日ヨーグルトを食べているけど。

いちいちそういうことにこだわっていたら、窮屈で続けられていなかった気がする。

ヨーグルトには生きた乳酸菌が使われていても。

乳酸菌サプリなら、はじめに疑わないといけないでしょ。

ヨーグルトを作るためには生きた菌が必須。
生きた菌がないと固まらないでしょ。

でも乳酸菌サプリには、生きた菌なんて必要ないんだから。
乳酸菌サプリなんて、生きた菌でも死菌でも。
粒に配合しているだけで、どっちでもいいわけだからね。