L92乳酸菌でアトピーがよくならなかった自分が、アレルケアを購入してよかったと思っている理由

自分はアトピーなんですよね。

アレルケアに興味を持ったのも

L-92乳酸菌とアトピーがあーだこーだ

みたいな広告を見たからでした。

で、アレルケアを試しましたけど。

先に結果を書いてしまうと。
自分のアトピーには特に変化がなかった感じでした。

ただアレルケアを買ってよかったことや。
思ったこともありました。

それについて書いてみようと思います。

アレルケアで健康への意識があがった

まぁアトピーでそれまで皮膚科の病院2つに行っても、よくならなかったので。
その時点でうすうす感づいていたんですけど。

アトピーというのは、誰かにどうにかしてもらうものではなく。
自分でどうにかしないとよくならないわけです。

もうアレルケアを購入する時点で
「病院とか行く価値ないわ」
と思っていました。

なので、アトピーを病院や他人任せにしていると、なかなかよくならないと思います。
いや、子供は例外で。

大人アトピーは、自分自身が考えないといけないわけですね。

で、アレルケアを試して自分は健康意識が向上したところがありました。
これが大きかったです。

ちょうど世間では
【腸を健康にするブーム】
なところもありました。

ちょうど自分は潰瘍性大腸炎で、消化器科も行っていたんですけど。
医者も
「腸がよくなれば、アトピーもよくなりやすい」
みたいなことを言っていたんですよね。

そういう点からも、アレルケアを購入したことで
【腸を健康にするのは大事なこと】
っていう意識になったところが大きかったです。

それまでは、食べ物なんて
「おいしいか」
「おいしくないか」
それだけで選んでいました。

でも、アレルケアを購入して健康意識が向上して。
その食べ物を食べたら、おなかの調子がどうなるのかも考えるようになりました。

乳酸菌の種類に興味を持った

アレルケアってL92乳酸菌を配合したサプリです。

で、L92乳酸菌もあれば、ほかにも乳酸菌の種類ってあるわけです。

そもそも他メーカーの製品に別の乳酸菌があるというより。
カルピス社の製品でも、別の乳酸菌を使ったサプリなんてものがありますから。

カルピス社はココカラケアという、C-23ガセリ菌を含んだ乳酸菌サプリも販売しています。

つまりカルピス社はL92乳酸菌を配合したアレルケアを販売していますけど。
アレルケアが最強の乳酸菌というわけではないわけですね。

もし最強の乳酸菌があるのなら、別の乳酸菌はそれ以下ってことになって。
出す必要がないわけですから。

わかりやすく言えば、L-92乳酸菌が最強の乳酸菌なら。
それ以下の乳酸菌はすべて無用ですよね。

でもカルピス社自体がL-92乳酸菌のサプリを出しているのに。
別の乳酸菌サプリを出しているわけです。
その時点で、L-92乳酸菌が最強っていう理論はおかしいことになります。

乳酸菌というのは、人との相性が重要だとされています。

なので、L92乳酸菌が優れた乳酸菌だとアピールされていても。
結局相性なわけです。

なので自分はいろいろな乳酸菌に興味を持ち。
いろいろとヨーグルトや乳酸菌サプリを買いました。

今でも毎日ヨーグルトを食べていますけど。

これもアレルケアを購入して、乳酸菌の種類に興味を持ったからかもしれません。

結局いろいろな乳酸菌を試しましたけど。
自分にあっている乳酸菌なんて、よくわからないんですけどね。

でも、なんとなく乳酸菌は毎日続けているところがあります。

アレルケア以外の乳酸菌サプリがいまいち

アレルケアを購入して、ほかにもいろいろ乳酸菌サプリを買ったりしましたけど。

乳酸菌サプリっていうのは層が薄いというか。
ぱっとしたものがないと思いました。

この画像に載っている、ノアレやプロディアはむしろ良い部類の乳酸菌サプリだと思っています。

乳酸菌サプリって、どうもぱっとしない製品ばかりで。
なので自分は乳酸菌サプリよりも、ヨーグルト派だったりします。

それもアレルケアを購入したおかげかもしれません。
アレルケアは乳酸菌サプリの中では、かなり良い部類だと思っています。

それは確かに他のメーカーの乳酸菌サプリがいまいちだっていう点もあるかもしれませんけど…。

アレルケアって初めてサプリを買ったり、乳酸菌サプリを他に買ったりしていない人には
「値段が高いな」
って思うかもしれませんけど。

自分的には、アレルケアっていうのはかなり良心的な値段設定になっていると思いますよ。

なので乳酸菌サプリを買うのなら、アレルケアっていうのは悪くないと思っています。

ちょくちょくアレルケアをリピート購入していますし。

アレルケア以外でいいものとなると。
乳酸菌サプリではないですが、乳酸菌を配合した整腸薬なんかのほうがいいと思います。

新ビオフェルミンSも乳酸菌を配合した医薬部外品の整腸薬ですけど。

乳酸菌サプリより、よっぽど新ビオフェルミンSのほうが。
いろいろと良質だと思いますね。

うちの母も新ビオフェルミンSを飲んでいますし。
自分はヨーグルト派ですけどね。

アトピー対策としてアレルケアを買うこと

自分はアレルケアを試して、それでアトピーがよくなったとかはあまり思っていません。

でもアレルケアを試したことによって、健康意識が向上して。
アトピーがよくなる近道になったとは思っています。

アレルケアが直接的にアトピーに良い影響を与えたわけではなく。

アレルケアを買うことで、自分自身の意識が変わったわけですね。

アレルケアを買わなければ、毎日ヨーグルトを食べている自分はいなかったと思いますし。

食事も、自分の好きなものばかり食べていたと思います。

自分は肉が大好きで。
おかずに肉がなかったら
「ちぇっ!」
って感じでした。

でも今では、肉は油っぽくておなかにいまいちなので。
むしろ肉より、さっぱりしたものを食べたく思っていますからね。

そりゃそうでしょ。
いくら自分の好きなものを食べても、食べた後につらい目にあうぐらいなら。

そんなに好きではなくても、食べた後普通にいられるほうを選びます。

健康意識があがれば、健康であることのメリットを意識することができます。
でも健康意識が低いと、その場その場でのメリットを優先してしまうわけですね。

アレルケアを購入して
「失敗した」
っていう人も、それはその場その場のメリットで判断していると思います。

たしかに自分もアレルケアを試して
「特になにも変化ないな」
と思いましたけど。

健康意識が向上した点を考えると。
アレルケアを購入したのは、すごく大きいことだったと思っています。

結局人間は
【自分で考える】
ってことが大事なんですよ。

自分は病院行ってもアトピーがよくならなかったり。
アレルケアを試しても、やっぱりダメだったりして。

そういうこともあって、自分で考えるってことができるようになったと思っています。

なのでアトピーで病院2つに行って、結局アトピーがよくなりませんでしたけど。
「病院とか無駄だわ」
と思ったことに、病院に行った価値があったと思います。

もし病院に行って、簡単にアトピーがよくなっていたら
「病気になっても病院にいけばいいじゃん」
みたいな感じで、健康意識が低いままで、一発アウトになっていたかもしれません。

病気の中には、そういうなってしまったら取り返しがつかないっていうものもあるわけで。
健康意識を高く持つっていうのは大事なことだと思いますよ。