甘くない明治ブルガリアヨーグルトのおいしい食べ方!砂糖は必要なし!

明治ブルガリアヨーグルトといえば。
日本でナンバー1シェアを誇るヨーグルトです。

まぁ自分にとっては、シェアとかよく意味がわからないんですが。

とにかくいろいろなところで見かけるヨーグルトです。

スーパーにいけば確実に売っていますし。
セブンイレブンなんかにも、普通に置いています。

そのぐらい、日本では
【買いやすい】
ヨーグルトだといえるのかと。

甘くないプレーンヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトは、甘くないプレーンヨーグルトです。

最近450gから400gに量が減りました。

甘くないタイプを
「おいしくない」
って感じで、あまり好まない人もいると思うんです。

うちの母がそうで。
うちの母は
「甘くないヨーグルトはおいしくない」
と、言っています。

自分も子供のころは、甘くないヨーグルトはあまり食べていなかったんです。

でも毎日ヨーグルトを食べている現在は。
どちらかというと、こういうプレーンヨーグルトのほうをよく食べています。

おいしい食べ方

で、明治ブルガリアヨーグルトのおいしい食べ方ですけど…。

これはシンプルに
【そのまま食べる】
のがいいと思います。

人によっては
「甘くないからおいしくない!」
って感じだと思いますが。

人間慣れますから…。
自分もはじめは甘くないのが嫌いで、砂糖を入れていました。

昔は明治ブルガリアヨーグルトって砂糖が入っていたんですよ。

まぁこの砂糖の量では、ぜんぜん足りなかったですけどね…。

これはですね。
砂糖を入れれば、より甘いヨーグルトを好んでしまいます。

でもそのまま食べれば、さっぱりしたヨーグルトに慣れますから…。

たしかにヨーグルトっていろいろとおいしい食べ方があります。

でも、一番目指すべき食べ方は
【そのまま食べる】
って感じだと自分は思っています。

人間慣れるから!

自分を信じて!!

ヨーグルトを自分にあわせるのではなく。

自分を甘くないヨーグルトにあわせるようにするわけです。

そうすることで、ヨーグルトを選択する幅が広がりますから!!

なにかを投入する食べ方

まぁそのまま食べるのが一番だと思うんですが。

そのまま食べることに慣れた先に、いろいろ入れて食べる食べ方があると思うんです。

ざっと自分がおすすめするものをあげてみると

  • 砂糖
  • カルピスの原液
  • ドライフルーツ
  • メープルシロップ
  • はちみつ
  • カップアイス
  • 加糖ヨーグルト

こういうのがありますね。

というか、笑わせるなよ!!

でも最近気づいたんですけど。
こういう無糖タイプのプレーンヨーグルトに。
加糖タイプのヨーグルトを入れると、おいしいんですよ!!

牧場の朝って、ちょっと甘酸っぱいですけど。

それにプレーンヨーグルトを入れたりすると。
味がまろやかになったりするので…。

甘くないヨーグルトを食べるために、甘いヨーグルトを入れる…。
甘いヨーグルトを食べるために、甘くないヨーグルトを入れる…。

なんか矛盾しているようで、なかなかおもしろいのでやってみてほしいですね。

自分の絶妙なヨーグルトができたときは
「これだ!!」
と思えますから。

自分的に相性が良いと思うのは。

やっぱりカルピスの原液かな…。

飲み物にするより、無糖ヨーグルトに入れたほうがおいしい気がします。
まぁカルピスの原液を買ってしまうと。

冷蔵庫の場所を取る

ので、あまり買わないんですけどね。

後はドライフルーツを入れることで。
ヨーグルトを噛んで食べることができます。

ドライフルーツも健康に良いなんて言われていますけど。
ヨーグルトを噛んで食べることができれば、よりよさそうに感じます。

ヨーグルトはどうしても早食いしがちですからね。

砂糖はやめたほうがいい?

もちろん、プレーンヨーグルトに砂糖を入れて食べてもいいんですが。

砂糖を入れると、その調節が難しく感じました。

たとえば、少しだけ入れると

「もうちょっと甘くしたいな」

と思って、砂糖をさらにプラスして

「うわ、甘すぎたわ」

ってなって、ヨーグルトを入れて調節して

「あ、もっと甘くしたい」

ってなって、砂糖をさらに入れて…。

どんどんヨーグルトの量が増えたりします。

砂糖って、ちょっとぐらいではぜんぜん甘くならないんですよね。

そう思うと、甘いヨーグルトって。
結構な量の砂糖が入っているんでしょうねぇ。

ジュースとかも甘いですが。

水を甘くしようと思ったら、砂糖って結構な量が必要になりますからね…。

だからジュースって、砂糖がたくさん入っているって言われていますよね。

なんか砂糖をたくさん入れるのが悪いというより。

砂糖をたくさん入れてしまうと
「うわ、なんか砂糖をたくさん入れてしまった」
みたいな罪悪感みたいなものが生まれる気がします。

ヨーグルトって乳酸菌の関係で
「健康によさそう」
ってイメージがありますけど。

砂糖を入れすぎたら
「あ、これ、健康に悪いわ」
って気になりますからね。

だから砂糖を入れるのって、あまりおすすめしないです。

明治ブルガリアヨーグルトの感想

昔はプレーンヨーグルトでも、明治ブルガリアヨーグルトは特に苦手でした。

どちらかというと、森永ビヒダスのほうが好きでしたね。

それは、明治ブルガリアヨーグルトって、ちょっとバターっぽいというかな。

軽いというか、そういうところがあるように感じています。

森永ビヒダスって、ちょっと硬めというか、重いヨーグルトに感じます。
でも明治ブルガリアヨーグルトは、軽いというか、味も水っぽい気がします。

でも今では、明治ブルガリアヨーグルトのほうが慣れたかなぁ。

森永ビヒダスが重いというか。
本当に無っていうかな。
そういうのを感じますね。

うまく言えませんけど。
明治ブルガリアヨーグルトってプレーンヨーグルトですが。

少し味があるというかな。
そういうところを感じます。

でも森永ビヒダスは、プレーンヨーグルトでも。
普通に無味ってところを感じます。

昔はこのちょっと癖がある味の明治ブルガリアヨーグルトが苦手だったんですが。

今ではこのちょっと味があるのが、いい感じでそのまま食べれるようになりました。

ただ、明治ブルガリアヨーグルトって、ちょっと高くないか?

400gに量が減ったのに、値段が安くなったとは感じないですし。

値段の安さでは恵ヨーグルトが一番かな。

なので自分的に、明治ブルガリアヨーグルトが。
日本でそこまで人気な理由がよくわからないですね。

明治というメーカーが大手だからなのかな。
でも明治はヨーグルトで大きくなったところがそれなりにあるでしょ…。

だから、昔から明治が抜けていたっていうのはちょっと違和感が…。

日本人は甘くないプレーンヨーグルトを好むところがあるので。

今後は雪印が伸びてくるんじゃないかと思ったりしています。

ただ、株価とか見ても。
雪印は結構苦戦をしているイメージがあるかな…。

時代はプレーンヨーグルトではなく。

明治みたいな機能性ヨーグルトの時代なのかもしれませんね。